松本日記:「内定者横取りサイト」!?

先日、クローズアップ現代(NHK 19時30分~)「成長への人材戦略」で、
他社の内定を評価基準にして、学生を”横取り”してしまうネットサービスが紹介されました。
その名もずばり「WILD CARD」。

カラクリはこう。
・学生は、サイトに学歴やアピールできる経験と一緒に自分の「内定した会社名」を登録
・経歴の内容は、フェイスブックの情報で認証され、サイト運営会社が確認
・「内定通知書」で、内定を確認
・これらを「WILD CARD」なるサイトに公開
・公開内容は、サイトにアクセスした企業だけが検索
・企業担当者は、ライバル企業や一目置く企業から内定を取れた学生を見て、
「この会社から内定をゲットした学生なら間違いない(優秀な)はず!!」と判断
・サイト運営会社にお願いして、この学生と接触できるようセッティング
・サイト運営会社はこの学生に連絡
・本人同意のもと、企業と学生が面談

因みに料金はすべて企業負担。
成功報酬型で、学生1人が採用されれば、
登録企業が約90万円をサイト運営会社に支払うことになっています。

学生は完全無料で、自由に内定先を乗り換えられるわけですので、何の”損”もありません。

現在、約3,000人の内定学生が登録しているというのですから、
バカにならないビジネスです。

この特集を見て、「新卒採用もここまで来たか・・・」と思わず絶句しました。
企業の一人あたりにかける採用コストは、約100万円と言われているので、
それに比べれば、リーズナブルかも知れません。

しかし、内定が取れた学生だけを相手にして、
しかも、他社から横取りするとは・・・。
いかがなものでしょうか。

私は、このような”楽した就活”は薦めません。
なぜなら、こうした経験をして、
“旨み”を知ってしまうと、学生さんの中には、image140905-thumb-100x154
「世の中、こんなもんだ」と高をくくったり、
舐めたりする方が出るからです。

「誠実に取り組む」「対面を重視する」
これがビジネスの基本です。就活も同様ですよ。

松本日記:「体感年収」を考えてみては。。。

先日、慶應義塾大学2年生、立教大学3年生の学生さんとお会いしました。
今年入庁したばかりの公務員の方と私と同じ年齢の銀行員の方と会ってもらって、仕事内容は勿論、給料、休日、福利厚生などの処遇の違いについて、リアルに比較してもらいました。

やり取りの最後で私が発した言葉が「体感年収」。

例えば、年収1,000万円稼ぐAさんと年収700万円をもらうBさんとはどちらが良いですか?

Aさんは、毎日遅くまで残業で、平日はとても家族と夕食など共にできません。
休日出勤も日常茶飯事。しかも、ノルマはきつい。

一方、Bさんは、残業はあるものの、家族と夕飯を一緒に取れる時間に帰ることができます。
また休日もきちんと休めます。
目標数値は与えられていますが、ノルマで追い込まれることはありません。

Aさんが銀行員、Bさんが公務員と決めつけているわけではありません。

長く働くには、「年収が高い」だけではムリがあるということです。

私も50歳。友人の中には、年収2,000万円を稼ぐ外資系ディーラーがいます。
しかし、毎日パソコンの電源を入れる度に「You are fired!!(おまえクビだ!!)」
とメールが届いていないかとビクビクしているそうです。

また年収600万円の友人は、物価の安い地方に住み、image140816-thumb-140x140
通勤時間も僅か20分のところにあるIT企業に勤務しています。