何を「自己分析」するか?

「自己分析」はエントリーシートや面接で自分のアピールできる”売り”
を探し出すことが目的ではなく、自分を理解すれば、他者も理解して、
受け入れることができるようになり、その結果、自分と異なるタイプ
のいる職場でも適応できるようになることが目的だとお話ししました。

では、自分の何を分析すれば良いか?

会社選びの軸を分析しなさいなんてことは言いません。そんなものは、
就活しながら見えてくるものですし、途中でブレることだってあり得
るからです。
就活をやりながら、固めて行けば十分だと考えてください。

それよりもこの時期、最も分析してほしいことは、「仕事をするうえで、
大切にしている価値観」です。
わかりやすく言えば、次の4つです。

①何のため、誰のために仕事をするか。
②仕事をして何を手に入れたいか。
③仕事を通じて、どんな人間になりたいか。
④仕事をすることで、社会や人にどういう影響を与えたいか。

難しく悩むことはありません。
例えば、①で「家族のため」でもOKですし、②で「年収1,000万円」でも
構いません。③で「ズバリ社長」、④で「格差のない社会を実現したい」
であっても十分です。

なぜなら、これを”きっかけ”として、それに見合う(叶う)ような業界や会社、
仕事を探せば良いからです。

先ほどの①で「家族のため」なら、休日をしっかりとれる会社を見つける。
②の「年収1,000万円」なら、高額年収が見込める会社。③なら若くして
チャンスを与えてくれる会社、あるいは、ロールモデルとなる社長がいる
ようなベンチャー企業。④なら格差をなくすためには、どんな事業や商品
があれば可能か考えれば良いからです。

こういうことを自問自答したり、誰か(仕事経験が豊富な人)に話をしたり、
友人と議論したりしていけば、価値観が明らかになってきて、それが次第
に就活をするうえでの”こだわり”となってきます。

「自己分析」の目的

就活では、「自己分析」が大切ですよと言われます。
「自己分析」とは、文字通り、自分自身を探り、理解する作業のこと。
なぜ、こんなことを就活になったらやらなければならないのでしょうか。

エントリーシートの設問で「自己PRを書きなさい」とあるから。
面接で「長所を話してください」と質問されるから。
など、就活のためと言ってしまえば、それまでですが、私はそれだけで
はないと考えていますし、指導する学生に話しています。

勿論、自分は何に興味があるか、どんな仕事に向いているかなど、職業
を選択するため、自分に合った仕事を見つける指針としたいためという
理由もあるでしょう。

しかし、私がもっと大切だとしているのは、「自己分析をすれば、他者
理解が促され、それが職場適応につながる」ということです。

つまり、会社で仕事をする、組織の中で仕事に取り組むためには、自分と
他人の違いを認め、尊重し合える人間関係を築くことが必要になります。

そうしなければ、意見が食い違うどころか、対立や衝突を生んでしまうから
です。場合によっては、言いたいことか言えない風通しや居心地の悪い職場
になってしまう恐れもあります。

ですから、「自己分析」とは、自分のことだけ理解して終わりでなく、どう
すれば相手のことも理解でき、周囲とうまくやり取りできるかまで考慮した
「自己分析」を行うべきなのです。

↓の動画で詳しく説明しています。視聴してみてください。